東京の婚活パーティー参加体験談

両親からついにあの言葉を言われた…

両親からついにあの言葉を言われた…お金ばかり気にする女性は不快になる遊びではなくみんな真剣だからいい

10代の頃から結婚願望がまったくなく、周囲の同僚などが結婚に対して焦りだす時期になっても、自分には関係ないことだと蚊帳の外のような感覚でのんびりの眺めていました。
しかし両親から、頼むから自分たちが死ぬ前に孫の顔を見せてくれと懇願されてしまったことから、仕方がなく婚活を始めたというのが去年の話です。
正直なところまったく乗り気ではありませんでしたし、結婚相談所を長期間利用する料金にもうんざりしていましたので、伴侶となる異性が見つからなかったとしてもすぐに諦めが付くような状態だったと言えるでしょう。
具体的に結婚に向けてどのような対策を講じたかというと、結婚相談所が主催する身分が保証されている方のみが参加できる、婚活パーティーに2ヶ月ごと程度のペースで何度か参加することでした。
住居も職場も東京にあるので、東京の婚活パーティー以外には出ませんでしたが、相当な人数が参加していることにまずは驚いたことを記憶しています。
こんなに結婚に対して本気になっている方達が居て、中々成婚までに至っていないということをそのときに初めて実感できたからです。